聖書 詩編85編9~14節
    コロサイの信徒への手紙1章21~23節
説教題 「和解させるキリスト」
「しかし今や、神は御子の肉の体において、その死によってあなたがたと和解し、御自身の前に聖なる者、きずのない者、とがめるところのない者としてくださいました。」(22)
 以前、私たちは神から離れ、神に歩み寄る姿勢を持ちませんでした。神の存在をほとんど意識しませんでした。ところが御子キリストは、「肉の体において、その死によって私たちと和解させられました」。ここではキリストの十字架の死を語っています。キリストは十字架によって私たちを神と和解させてくださいました。神との親しい関係を得させてくださいました。
 神は離れていた私たちをご自身に歩み寄らせました。神は歩み寄らせるためにキリストという「橋」を私たちに向かって架けてくださいました。そのキリストという名の橋を渡らせて私たちを帰らせました。キリストは橋となって私たちに踏まれるためにご自身を献げられました。
 こうして神は私たちをキリストの死によって和解させたのであります。離れていた私たちを神は優しく受け入れてくださいました。この和解における立役者はキリストです。私たちはただ和解させていただいたにすぎないのです。
週報2月14日