聖書 詩編31編15~17節
    ルカによる福音書23章32~43節
説教題 「十字架の主の前で」
「そして、『イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください』と言った。」(42)
  罪人は隣におられる主イエスに向き直って言いました。それまでは自分と関係ないと思っていた主イエスに願うのです。「あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」。「あなたの御国においでになる」というのは、主イエスが死なれ、天にある神の国の王座にお着きになるとき、という意味です。主イエスが神の国を治めるお方だと認めたわけです。天から来られた救い主と信じました。信仰の告白です。
  死まで残された時間は、もうほとんどありませんでした。死ぬのは確実でしたが、自分の死の間際になって罪人は悔い改めることができました。主イエスによる救いを信じ、十字架の主イエスに向き直って、私の救い主です、と信仰を告白しました。これで自分の死後を主イエスに託せます。
  人は皆、この罪人のようです。死に向かいながら生きています。私たちの隣には無実にも拘わらず、父に罪人の執りなしを祈り、ご自分の命をお献げになった主イエスがおられます。私たちが主イエスに向き直り、救い主と信じて呼びかけたときに主イエスは告げられます。「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」(43)。
週報4月10日