聖書 イザヤ書35章3~6節
    使徒言行録3章1~10節
説教題 「キリストの名によって」
「ペトロは言った。『わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。』」(6)
  生まれながら足の不自由な男が施しを乞うため神殿の門のそばにいました。通りがかった使徒ペトロが男に申しました。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」。お金より良いものがあるわけです。「キリストの名によって」とキリストの名を呼んで、神の力を願い求めました。ペトロたちには信仰がありましたので、男の代わりに願い求めました。信仰があったからこそ、癒しをなさる神の力を呼び求めることができました。この祈りが聞かれて男は癒され、立てるようになりました。
  できるかできないかを決めるのは私たちではありません。祈りをお聞きになる神によって最善のことがなされ、一人一人に神から良いものが与えられます。金や銀が良いものとは限らなかったようにです。男は金や銀よりももっと良いものを与えられました。癒しだけではありません。もっと良いもの、信仰です。神を信じて、神を喜びながら生きられる。彼はキリストの名によって救われたのです。
週報5月12日